世界ジオパークの名所もある西原村

00008

熊本県西原村の人口は約7000人ですが、県庁所在地の熊本市から20km圏内の位置にあり、ベッドタウンとしての利便性もあります。西原村の地形は阿蘇外輪山の俵山の一部で、広大な高原を有しています。高原には遮るものがないために、風力発電が行われ、西原村を代表する景観となっています。

西原村の地形を観察すれば、地球の躍動も感じることができます。阿蘇山は第四紀の時代から活動を続ける火山で、外輪山も含めて複雑な地形が形成されています。世界ジオパークにも選ばれている阿蘇山の周辺を散策すれば、地学にも親しむことができます。地元ではジオサイトとして、地形の成り立ちを知るための場所が紹介されています。

おすすめリンク→熊本県阿蘇郡西原村の情報とまとめニュース

俵山では秋には紅葉が見事になって、熊本の名所の一つとして人気を集めます。標高は1000メートルほどの山が多いですから、初心者にとっても登りやすくなります。春の季節になれば、西原村でも桜が満開となって、多くの観光客が訪れます。

熊本県西原村の人口は約7000人ですが、県庁所在地の熊本市から20km圏内の位置にあり、ベッドタウンとしての利便性もあります。西原村の地形は阿蘇外輪山の俵山の一部で、広大な高原を有しています。高原には遮るものがないために、風力発電が行われ、西原村を代表する景観となっています。

西原村の地形を観察すれば、地球の躍動も感じることができます。阿蘇山は第四紀の時代から活動を続ける火山で、外輪山も含めて複雑な地形が形成されています。世界ジオパークにも選ばれている阿蘇山の周辺を散策すれば、地学にも親しむことができます。地元ではジオサイトとして、地形の成り立ちを知るための場所が紹介されています。

俵山では秋には紅葉が見事になって、熊本の名所の一つとして人気を集めます。標高は1000メートルほどの山が多いですから、初心者にとっても登りやすくなります。春の季節になれば、西原村でも桜が満開となって、多くの観光客が訪れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA